社長挨拶

社長挨拶
社長名

   トップページに記している「I・Do・Mu」、これこそが私ども ㈱アイレックスインダストリアルソリューションズの、そして アイレックスグループの根底に在る全社員共通のスピリットであり、 この先も綿々と、世代を超えて継承されていくことになる弊社の DNAです。

  会社を挙げてこの先の未来のあるべき姿を見据え、最先端のIT 技術によって明るく豊かで、より安全で快適な社会の創造に挑み、 それらを支える人材を育て、個々の社員は自らの夢を自らの手で 叶える、トップページには弊社グループ社員たちのそんな熱い情熱が 込められています。つまり「I・Do・Mu~挑む~」とは、会社と 社員が共有する未来への夢(Mu)を、自らの手で(I)、掴み取る(do) ことを意味しております。


  国や政治の壁を越え地球規模でのネットワーク網が充実し、情報は 瞬時に世界中を駆け巡り、その情報によって世界の経済が動いていく、 この21世紀はそんなグローバルな時代です。

  すなわち「ICTは地球規模での社会インフラであり、人々の生活を 支えるライフラインでもある」そのような認識に基づいて、私ども アイレックスインダストリアルソリューションズは、今後も技術革新を 進め、産業や経済を支える集団として進化して参ります。


   政府施政方針でもわが国はIT立国を目指し、その高度な技術力を 以て世界の先進各国と伍して戦い、リードしていきたい旨が発表されて おります。しかしITの技術がどのように革新され、どれほどに進歩 しようとも、また業界を取り巻く環境がどのように変化しようとも、 それを支えているのは結局のところ人であり、モノづくりの原点が 人にあることは変わりません。

   弊社は、そしてアイレックスグループは、モノづくりの原点である 人材育成にも回帰し、今後も人材育成には徹底的にこだわり、未来の夢を 自らの手で掴み取る情熱を持った社員たちと共に歩み、この先の未来を 見据え、ICT社会の創造と充実に挑戦してまいります。高度経済成長から 現在に至る50有余年、多くの先人たちの弛まぬ挑戦によって、わが国に 今の繁栄がもたらされたことに倣って。